CBDという選択

 日本では普通に違法の大麻、でも実は日本文化と切り離せない大麻、アメリカでは年々合法化されていく大麻、カナダでは国ぐるみでOKになった大麻。

 お酒もそうだと思いますが、健康にポジティブに働く成分もあればネガティブに働く成分もあって、そういったものを大量に摂取すると結局ネガなものも大量に摂取することになるのでイカンということだと思います。カリフォルニアでは普通に大麻成分が含まれたリキッドも売られていますが、ブラックマーケットも存在していて、数年前には粗悪なリキッドが原因で死者も出てしまいました。

 で、そんな大麻の健康成分と言われているCBDのみをVapeのリキッドとして摂取してしまおうというのがCBD系のリキッドです。これは日本でもアウトになりません。普通に楽天で売られています。海外から個人輸入も可能です。なぜかAmazonではCBDリキッドを見つけることができません。

Vape.runが見つけたCBDリキッドを購入できるショップリスト

理由はわかりませんが、楽天では結構見つけることができます。

CBDリキッドの吸い心地

 良質なリキッドだと、ニコチン系とは明らかに異なるヒット感を感じます。多めにCBDリキッドを吸うとまさしく大麻と同じ系統のにおいも感じます。健康効果はより質の高い睡眠を得ることができたり、慢性の痛みを和らげると言われていますが、正直自分は実感したことはありません。自分的にはニコチンのほうが直球ヒット感があるのでしっくりきます。

 それでも定期的に買ってしまうのは、その独特のフレーバーと巷で言われている健康成分に魅力を感じるからなんだと思います。

 難点はちょっと高いところ。成分を安全に抽出するのに手間がかかるのか、全体的に非常に高価です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です