[vc_row css_animation=”” row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern”][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”2/3″][vc_single_image image=”462″ img_size=”medium” alignment=”center” qode_css_animation=””][/vc_column][vc_column width=”1/6″][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation=”” row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern”][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]アメリカではタンクと呼んでいたと思います。加熱するコイルがセットアップされたデッキ部分とリキッドをためておくガラス容器と吸い口が合体した部分で、日本ではアトマイザーで良いと思います。

RBA(ReBuidable Atomizer) といって、コイルやコットンが劣化したら、自分でセットアップしなおせるのがRBAと呼ばれる方式です。カートリッジ型で使い捨てになっているものをPOD型と呼びます。

コイルだったり、メッシュ状の金属であったり、はたまた専用の加熱ユニットであったり、モデルによって様々ですが、主流は自分で巻くコイルに対応したものになります。[/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][vc_column width=”1/6″][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation=”” row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern”][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”2/3″][vc_column_text]

優れたRTAアトマイザーとは?

[/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][vc_column width=”1/6″][/vc_column][/vc_row][vc_row css_animation=”” row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern”][vc_column][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row]